uipath technical infomation for everyone

クリックアクションと入力アクションのスピードと互換性

ClickアクティビティやType intoアクティビティには「SimulateType/Click」や「SendWindowsMessages」などそれぞれ動作やスピードが異なりますが少し分かりにくいものです。Uipathのドキュメントに解説がありますので読んでおくと役に立ちます。

「SimulateType/Click」や「SendWindowsMessages」には入力スピードと互換性の点で長所と短所があり、以下Uipathが推奨している方法です。

通常は、3 つのうち最も処理が速くバックグラウンドで動作する Simulate Type/Click メソッドをお勧めします。
ただし、これが使用できるのは、特殊なキーボードショートカットを送信する必要がない場合に限られます。
このメソッドで対応できない場合は、Windows Messages メソッド、さらに最も処理の遅い Default メソッドを試してください。

速度の面ではSimulate Type/Click > Windows Messages > Defaultの順番です。
信頼性の面ではDefault > Windows Messages > Simulate Type/Clickの順番です。

機能メソッド 互換性 バックグラウンド
での実行
速度 ホットキーの
サポート
フィールドの
自動消去
Default 100% × 50% ×
WindowMessages 80% 50% ×
Simulate Type/Click 99% – ウェブアプリケーション
60% – デスクトップアプリケーション
100% ×

※Defaultとは「WindowMessages」および「Simulate Type/Click」のチェックを外した状態です。
入力メソッド – Uipath

ほとんどのウェブアプリケーションではSimulate Type/Clickで速度が速く、動作しない場合は「WindowMessages」を試し、最後に「Default」が良さそうです。

バックグラウンドでの実行が必要な場合は「Default」では動作しないため、「WindowMessages」あるいは「Simulate Type/Click」にする必要があります。