uipath technical infomation for everyone

ブラウザを閉じる

ブラウザを閉じるにはClose applicationアクティビティ(日本語対訳:アプリケーションを閉じる)を使用します。

 

 

Close Applicationアクティビティを使用したブラウザを閉じるにはいくつか方法があります。

 

1.オブジェクトを指定してブラウザを閉じる
2.セレクターを指定してブラウザを閉じる
3.オブジェクトやセレクタ―を指定せずにブラウザを閉じる

 

1.オブジェクトを指定してブラウザを閉じる手順

オブジェクトを指定して閉じる方法はオブジェクトを指定して閉じるため、タイトルが変わっても閉じることができ、またClose Applicationアクティビティは自由な位置に配置することができます。

 

1Open browserを配置します。

 

 

2Open browserアクティビティのプロパティを設定します。

 

Uibrowserプロパティにはオブジェクトを格納する変数を設定します。これによりブラウザオブジェクトを変数に取得し、オブジェクトを指定して操作ができます。

 

ここではUibrowserという変数を設定しています。

 

3Close Applicationアクティビティを配置します。

4Close Applicationアクティビティのプロパティを設定します。

プロパティ 解説
Element ここに取得したオブジェクトを格納している変数を指定します。ここでは「UiBrowser」を指定します。

 

2.セレクターを指定してブラウザを閉じる手順

セレクタ―を指定して閉じる方法はセレクタ―でタイトルを指定するため、セレクタ―の指定の仕方によってはタイトルなどが変わった場合にはエラーになります。Close Applicationアクティビティは自由な位置に配置することができます。

1Close Applicationアクティビティを配置します。

2「Indicate On Screen」をクリックし、閉じたいブラウザの画面を選択します。

 

セレクタ―が取得されました。

オブジェクトやセレクタ―を指定せずにブラウザを閉じる手順

この方法は、Close applicationアクティビティをOpen BroswerやAttach Browser内にアクティビティを配置し、SelectorやElementプロパティの設定しない方法です。

 

ただし、Close applicationアクティビティをOpen BroswerやAttach Browser内にアクティビティを配置する必要があります。

 

注意点

Close applicationはブラウザが複数起動していた場合は一つしかCloseされません。また、複数のタブがある場合には以下のメッセージが表示されます。