uipath technical infomation for everyone

Table形式の特定のデータを選択する

例えば以下のような1番目のカラムに申請書名が記載されており、2番目のカラムがzipファイルへのリンクがあるTable形式の表があるとします。このようなテーブル形式をUipathで操作するには少し工夫が必要です。それでは申請書名を元にzipファイルのリンクをクリックする例を用いて解説していきます。

テーブルはTableRow属性とTableCol属性、aaname属性によって位置を特定することができます。

1.Get Attributeアクティビティの属性値を格納するための変数を用意します。

2.Get Attributeアクティビティを配置します。

「交通費清算申請」はGet AttributeアクティビティにてTableRow属性を取得することで何行目にあるか取得することができます。

GetAttributeアクティビティのプロパティを設定します。

プロパティ 解説
Selector ここでは以下をセレクターとして指定しています。

<webctrl tag=’TABLE’ />
<webctrl tag=’TD’ aaname=’交通費清算申請’ tableCol=’1′ />

Attribute 取得したい属性を指定します。ここでは”tableRow”を指定しています。
Result 取得した属性値を格納する変数を指定します。ここでは「1.」で作成した”rowNo”を指定しています。

以下の画像は残業申請をUiExploreで表示したものです。aanameなどの属性が取得できない場合はUiExploreで取得することができます。

3.Clickアクティビティを配置します。

取得したrowNoをClickアクティビティのセレクターで使用することで、zipファイルをクリックするリンクを特定することができます。

一度、Indicate on screenにてセレクターを設定した場合は赤枠をクリックして、セレクターを直接入力する必要があります。

「1.」のaanameの値を変数にしておけば、値を入れ替えるだけでいろいろな値を選択できるようになります。