uipath technical infomation for everyone

DataTableに行を追加する

データテーブルに行を追加するには、Add datarowアクティビティを使用します。

手順

以下のようなデータテーブルがあるとします。ここではBuild Datatableでデータテーブルを作成していますが、ExcelをRead Rangeで取得Datatableでもよいです。

1.Add Data Rowアクティビティを配置します。

2.プロパティを設定します。

Add Data RowアクティビティにはArrayRowプロパティを使用して行を追加する方法と、DataRowプロパティを使用して行を追加する方法があります。それぞれ解説していきます。

ArrayRowプロパティを使用して行を追加する

プロパティ 説明
ArrayRow 配列文字列として「”1列目のデータ”,2列目のデータ」のように追加したいデータを入力します。
※1列目は文字列のため、「”(ダブルクォーテーション)」でくくり、2列目は数値型のため、「”(ダブルクォーテーション)」でくくりません。
DataTable 行を追加するDataTable変数を設定します。ここではdtSampleを指定しています。

実行結果
※DataTableをOutput DataTableアクティビティを使用して文字列として出力しています。

DataRowプロパティを使用して行を追加する

1.DataRow型の変数を用意します。

VariableTypeの指定で、「Browse for Type…」をクリックし、Type Name:に「datarow」と入力します。表示されたDataRowを選択します。

2.DataRow型の変数に値を代入します。

DataRow型の変数(行番号) = 値

プロパティ 説明
DataRow 値を代入したDataRow型の変数を指定します。ここでは「dtSample」を指定してます。
DataTable 行を追加するDataTable変数を設定します。ここではdtSampleを指定しています。

実行結果
※DataTableをOutput DataTableアクティビティを使用して文字列として出力しています。