uipath technical infomation for everyone

DataTableを作成する


BuildDatatableアクティビティを使ってデータテーブルを作成することができます。

手順

1Build Datatbleアクティビティで作成したDataTableを格納する変数を定義します。

2Build Datatbleアクティビティを、配置します。

 

2Build Datatableアクティビティのプロパティを設定します。

作成するデータテーブル名を設定します。ここでは、dtResultというデータテーブル型の変数を設定しています。

 

3赤枠をクリックし、データテーブルを定義を開始します。

 

4初期設定されているカラムとデータを赤字四角をクリックし、削除します。

 

5プラスをクリックし、列を追加していきます。

列名と型を選択します。

 

プロパティ 解説
Column Name カラム名を入力します。
DataType カラムのデータ型を選択します。
Allow Null Null値を許容する場合はチェックします。
Auto Increment 1,2,3といったオートナンバー型にする場合はチェックします。DataTypeがInt32の場合に選択できます。
Defalt Value デフォルトで設定する値を設定します。
Unique 列のデータに重複を許可しない場合にチェックします。
Max Lenght 列の長さを設定したい場合に入力します。

 

今回は以下のように1列目にファイル名(String型)と2列目に処理結果(String型)を設定しています。