uipath technical infomation for everyone

シート名を取得する

UipathでExcelのワークシート名を取得するにはいくつか方法があります。

1.WorkbookApplicationオブジェクトのGetSheetsメソッドを使用する方法
2.Get Workbook Sheetsアクティビティを使用する方法

1.WorkbookApplicationオブジェクトのGetSheetsメソッドを使用する方法

全体の流れ

Excel Application ScopeアクティビティでExcelファイルを開きます。開いたExcelのWorkbookApplicationオブジェクトを取得します。For eachアクティビティを使用し、取得したWorkbookApplicationオブジェクトのGetSheetsメソッドでシート名を取得します。

手順

1.Excel Application ScopeアクティビティでExcelを開きます。

2.開いたExcelオブジェクトを取得するための変数を用意します。

3.Excel Application Scopeアクティビティのwbプロパティに「2.」で用意した変数を指定します。

4.For eachアクティビティを配置します。

5.Type Argumentに「String」を指定し、Valuesには「wb.GetSheets」を指定します。

Write lineアクティビティでシート名をOutputパネルに表示しています。

Get Workbook Sheetsアクティビティを使用する方法

全体の流れ

Get Workbook Sheetsアクティビティを使用する場合も全体の流れはあまり変わりありません。
Excel Application ScopeアクティビティでExcelファイルを開きます。Get Workbook Sheetsアクティビティでシート名を取得します。For eachアクティビティを使用してシート名を取得します。

手順

1.Excel Application ScopeアクティビティでExcelを開きます。

2.Get Workbook Sheetsアクティビティを配置します。

※Get Workbook SheetsアクティビティはExcel Application Scopeアクティビティ内でのみ動作します。

3.取得したシート名を格納するための変数を用意します。

「Browse for Types…」を選択します。

「Type Name:」に「list」と入力します。「Systems.Collections.GenericのList<T>」を選択します。

型の選択で、「String」を選択します。

4.「3.」で用意した変数をGet Workbook SheetsアクティビティのSheetsプロパティに指定します。

5.For eachアクティビティを配置します。

Type Argumentに「String」を指定し、Valuesには「SheetsList」を指定します。

Write lineアクティビティでシート名をOutputパネルに表示しています。