uipath technical infomation for everyone

Excelを開く・閉じる

Excelを開く

Excelを開くには「Excel application Scope」アクティビティを使用します。

相対パスあるいは絶対パスでファイル名を入力します。

 

Excel application Scopeのその他のアクティビティを設定します。

 

プロパティ 解説
EditPassword Excelで書き込みパスワードが指定されている場合に設定することでExcelを開くことができます。
Password Excelで読み取りパスワードが指定されている場合に設定することでExcelを開くことができます。
WorkbookPath 絶対パスあるいは相対パスでExcelファイルを指定します。
AutoSave Excelに変更があった場合に自動的に保存させるにはチェックします。ですが、ファイルサイズが大きい場合など頻繁に保存したくない場合はチェックを外します。その場合はSave Workbookアクティビティを使用して保存します。
CreateNewFile WorkbookPathに指定されたファイルがない場合は、自動的に作成されます。自動的に作成したくない場合はチェックをはずします。
ReadOnly チェックをした場合、編集中のためロックされたファイルや編集用パスワードが設定されている場合でも開くことができるようになります。
Visible チェックした場合、Excelが見えた状態で実行されます。チェックを外した場合はバックグラウンドで実行されます。
Workbook 変数を指定することで、その変数に開いたExcelのオブジェクトを取得できます。
ExistingWorkbook 上記のWorkbookで取得したWorkbookオブジェクトを指定することで、一度Open application Scopeで開いたExcelを操作することができます。

Existing Workbookプロパティの使い方

ExistingWorkookプロパティは1つ目のExcel Application ScopeでWorkbookプロパティよりWorkbookApplicationオブジェクトを取得し、次にExcelを操作したい個所で2つ目のExcel Application Scopeを配置し、ExistingWorkbookプロパティにWorkbookオブジェクトを指定することで続けて操作ができます。※この場合は、WorkbookPathを指定するとエラーになります。

 

Excelを閉じる

Excel application Scopeが終了した時点(次のアクティビティに移動した時点)でExcelは自動的に閉じられます。

Excel application Scopeが終了した時点で閉じないようにするにはプロパティの「Workbook」に変数を指定します。変数を指定すると明示的に閉じない限り閉じません。

※ここでは変数名jsWB、WorkbookApplication型として定義しています。

 

Workbook変数を指定したExcelは「Close Workbook」アクティビティで閉じることができます。
Close WorkbookアクティビティにはOpenするときに指定したWorkbook変数を指定します。