uipath technical infomation for everyone

ファイルが存在するか確認する

ファイルの存在を確認する場合にはPath Existsアクティビティを使用します。

Path Existsアクティビティの戻り値がTrueかFalseかをIfアクティビティで判定することによりファイルが存在していない場合にエラーメッセージを出力するなどの処理を行うことができます。

手順

1.Path Existアクティビティを配置します。

2.プロパティを設定します。

Pathプロパティ ファイルのパスを入力します。ここでは以下のように設定しています。

String.Format(“{0}\{1}”,System.IO.Directory.GetCurrentDirectory(),”sample.txt”)
GetCurrentDirectoryでxamlファイルを実行しているフォルダを取得し、”sample.txt”と結合しています。

Existsプロパティ ファイルの存在有無を戻り値で取得する変数boolPathExists(boolean型)を設定します。

3.Ifアクティビティを配置します。

Conditionプロパティには「2.」のExistsプロパティに設定した変数(boolPathExists)を設定します。
「boolPathExists = True」でも「boolPathExists」でもどちらでも同じ意味になります。

4.Path ExistがTrueの場合は何もせず、Falseの場合にエラー処理などを入れます。

ここでは、Falseの場合(ファイルがない場合)にThrowアクティビティを使用して例外を投げています。