uipath technical infomation for everyone

フォルダ配下にあるファイルを取得する


あるフォルダの配下にあるファイルを取得するには.NetのSystem.IO.DirectoryクラスのGetFilesメソッドを使用します。

手順

1Assignアクティビティを配置します。

1つ目のAssignアクティビティではXamlファイルの実行しているフォルダのパスを取得しています。
ここは皆さんの環境に合わせて検索対象のフォルダを設定してください。

 

 

strFolder = System.IO.Directory.GetCurrentDirectory()

 

※strFolder はString型の配列
※「System.IO.Directory.GetCurrentDirectory()」でXamlファイルを実行しているディレクトリを取得しています

 

1Assignアクティビティを配置します。

2つ目のAssignアクティビティではGetFilesメソッドによりフォルダにあるファイルを取得しています。

 

fileList = Directory.GetFiles(strFolder,”*.txt”,System.IO.SearchOption.TopDirectoryOnly)

 

※fileListはString型の配列
※「.txt」という拡張子のファイルをディレクトリ直下から取得

 

GetFilesメソッドの書式

Directory.GetFiles(フォルダ名,検索対象文字列,検索オプション)

オプション 解説
フォルダ名 検索する対象のフォルダ名
検索対象文字列 検索対象文字列にはワイルドカードが使用できます。
“*.txt”<ワイルドカード>
* 一文字以上の文字列
? 一文字の文字
検索オプション SearchOption.TopDirectoryOnlyを指定した場合は対象のディレクトリ直下からファイルを探します。
SearchOption.AllDirectoriesを指定した場合は対象のディレクトリ内とそのサブディレクトリすべてからファイルを探します。

 

2For eachアクティビティを使用し配列からファイルを取得します。

取得したファイルはfileListという配列に格納されているため、For eachアクティビティを使用し取得します。

 

3プロパティを設定します。

 

プロパティ 解説
TypeArgument For eachでitemに渡される変数の型を指定します。ここではStringを指定します。
Values 取得したファイルが格納されている変数を指定します。ここではfilelistを指定しています。
2For eachアクティビティを使用し配列からファイルを取得します。

取得したファイルはfileListという配列に格納されているため、For eachアクティビティを使用し取得します。

 

3プロパティを設定します。

 

プロパティ 解説
TypeArgument For eachでitemに渡される変数の型を指定します。ここではStringを指定します。
Values 取得したファイルが格納されている変数を指定します。ここではfilelistを指定しています。