uipath technical infomation for everyone

メッセージボックスを表示する

メッセージボックスを表示するにはMessage Boxアクティビティを使用します。

 

Message Boxアクティビティユーザーには選択するボタンのパターンがあります。「Flow Decision、Flow Switch、If」などで後続の処理を「はい」、「いいえ」など押されたボタンによって分けるときにも役立ちます。

 

OK

OKCancel

YenNoCancel

YenNo

手順

Message Boxアクティビティを配置します。

 

Message Boxアクティビティのプロパティを設定します。

 

プロパティ 解説
Buttons 表示するボタンの種類を選択します。「OK、OKCancel、YenNoCancel、YesNo」から選択します。
Caption メッセージボックスに表示するタイトルを指定します。
Text メッセージボックスに表示するテキストを指定します。
TopMost チェックした場合、常に前面に表示されます。
ChosenButton 選択されたボタンの文字列を格納する変数を指定します。
「OK⇒Ok」、「はい⇒Yes」、「いいえ⇒No」、「キャンセル⇒Cancel」