uipath technical infomation for everyone

Excelを保存する

Excelを保存する(自動保存)

Excel Application Scopeで開いたExcelはAutoSaveプロパティがデフォルトでチェックされているため、変更があった場合には自動的に保存されます。

 

Excelを保存する(明示的に保存)

自動保存をしている場合、値に変更があった都度保存されるため、ファイルサイズが大きい場合や共有フォルダに置いている場合などは速度が遅くなってしまいます。

 

そのような場合にはAutoSaveプロパティのチェックをはずします。

 

保存したい場所で「Save Workbook」アクティビティを使用します。

 

※Save WorkbookアクティビティはExcel Application Scope内でのみ使用可能です。